主婦がローンを申し込む方法は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目はクレジットカードを使ったキャッシングローンです。
2つ目は、銀行のカードローンです。
3つ目は消費者金融で借りる方法です。

 

特に女性人気が高いのは、クレジットカードのキャッシングと、銀行のカードローンです。

 

ただ、クレジットカードのキャッシングは利息が高く、キャッシングを「長期利用する」のは、おすすめできません。カードによって異なりますが、多くの場合「18%近い」利息が発生します。

 

この点、銀行や消費者金融のローンは利息が低く、最低2~3%の年率で融資が受けられます。

 

また、借入の金額が多ければ、利息はより小さくお得になります。
もし複数の借入があるのなら、銀行や消費者金融を使って、借換やおまとめ利用(借金を1つにまとめること)をしてみましょう。

 

消費者金融ローンは(世間一般的に)危険なイメージがある様ですが、実際は低金利で安全、女性にもおすすめできるサービスです。

 

実は、消費者金融の多くは、大手銀行(のグループ会社が)経営を行っています。

 

私たちが良く知っているプロミスやモビット、アコム等は、どれも(日本を代表する)大手メガバンク系列のカード会社です。このため、初めての方や女性の方でも、安心してカードローンが利用できます。

 

お金を借りる場合は、クレジットカードのキャッシングをせず、銀行や消費者金融の「低金利ローン」利用してください。

 

 

クレジットカードのキャッシングローンは、なぜ人気なのか?

クレジットカードのキャッシングが、女性の間で人気なのは「新たな審査を受けずに済む」からです。多くの方はクレジットカードで、買い物や公共料金の支払い、電子マネーや定期のチャージを行います。クレジットカードでキャッシングをしても、家族や知人、他の人にバレる可能性は低いです。

 

今でも、カードローンを利用するのは「世間体が悪い」と考える人が多いです。しかし、カードローンは、決して危険では無く、世間体の悪いサービスでもありません。実際、大きな企業でも、必ずと言って良いほど、銀行から融資を受けています。

 

カードローンは、住宅ローンや教育ローンと同じ感覚で利用してみてください。
必要なお金は、銀行や銀行系列の消費者金融で、手軽に借りられます。

 

今必要なお金は「カードローン」を使って、融資を受けましょう。
カードローンの使い道は自由です。生活費のほか、他社の返済へ充当したり、レジャー費用、教育費用、ブライダル費用にも利用できます。

 

ただし、事業性のある使い道は(多くのローンが)禁止されています。
事業目的には、専用のビジネスローンや事業者ローンを利用しましょう。

 

個人事業主の方には「自営者ローン」が利用できます。
内職や在宅で仕事をしている方も、個人事業主としてお金が借りられます。

 

自営者ローンの場合、融資枠は少ないのですが、年収に合わせた借入ができます。
仕入れ費用や運転資金として、ローンを活用してみてください。

 

銀行でローンを申し込む方法

主婦の方も、銀行でローンを申し込むのは簡単です。
最近では、わざわざ銀行に出向くことなく、ネット経由で、即日申し込めるようになりました。

 

どのローンも「インターネット申込」に対応しており、パソコンや携帯電話、スマートフォンから手続きできます。

 

また、店内に「自動契約機」や、無人契約機を設置する銀行や、金融機関が増えてきています。無人契約機の良さは、土日や祝日でも営業している点(※店舗によって異なる)です。

 

また、機械を通して契約書と、キャッシュカード(ローン用)が受け取れるので、郵送よりも、素早く手続きが済ませられます。

 

店舗での手続きを「より早く」するには、ネット申込と併用されることをオススメします。先にインターネットで手続きを済ませておき、店舗では「受け取るだけ」の状態にしておくのです。

 

これなら、店舗で待ち時間なく、最短でカードと契約書が受け取れます。
店舗を利用される方も、まずは「インターネット申込」を済ませておきましょう。

 

銀行系ローン、消費者金融で申し込む

「銀行系ローン」とは、銀行系列の消費者金融(カードローン)を指します。消費者金融の区分は、大きく分けて二種類あります。

 

【消費者金融の種類】

1. 銀行系列の消費者金融・・・プロミス、モビット、アコムなど
2. 銀行の傘下にない消費者金融・・・アイフル、その他のローン会社

 

銀行系の中には、親銀行で契約できるローンがあります。

 

例えば(カードローンの)アコムは、三菱東京UFJ銀行で手続きができるほか、プロミスは、親会社の三井住友銀行で、各種手続きを受け付けています。

 

即日融資を希望される方は、先にネットで申込をしてから、それぞれのローン会社で受け取り(カードや契約書の)手続きをしましょう。

 

主婦でも、銀行やその他融資が受けられる

主婦の方でも、銀行ローンや銀行系の融資が簡単に申し込めます。
特に最近は、インターネットを使った方法が、便利でおすすめです。

 

融資をお急ぎの方は、パソコンやスマートフォンから手続きを行ってください。